ChatGPTを活用したwebサービス10選

Chat GPT

はじめに

ChatGPTは、OpenAIによって開発された強力な自然言語処理のAIです。このAIは、人間のように自然な文章を生成することができ、様々な産業での利用が拡大しています。
本記事では、ChatGPTを活用している注目のwebサービスを10選紹介します。これらのサービスは、ChatGPTの技術を用いて、従来のサービスに一線を画す価値を提供しています。

Omneky

https://www.omneky.com/

ChatGPTを活用したマーケティング戦略

Omnekyは、ChatGPTを活用した自動広告生成ツール「Creative Assistant」の提供を行っています。このサービスは、AIを使った企業のマーケティング戦略を支援するサービスです。例えば、ChatGPTを用いて、消費者の購買意欲を高めるような効果的な広告文を自動生成することができます。さらに特別な技術やスキルがなくても画像や動画を使った多面的な広告が低コストで作成可能です。
これにより、企業は効率的に、かつ効果的なマーケティング活動を展開することが可能になります。

ManualForce

https://manualforce.jp/

マニュアル作成の自動化

ManualForceは、ChatGPTのAPI連携を活用して、マニュアル作成を自動化する機能「AIサジェスト機能」を提供しています。
ManualForceは、ブラウザ上でソフトやアプリの操作などを一度行うだけで、自動でそのプロセスをマニュアル化、シェアすることができるサービスです。ChatGPTを使った「AIサジェスト機能」を使うことで、作成したマニュアルのタイトルや説明文を自動生成することができるようになりました。

Yoom

https://lp.yoom.fun/

AIによるSaaS連携データベースからのできすと生成や要約

Yoomは、様々なSaasの業務ツールを連携させるサービスです。ChatGPTのAPI連携を活用して、連携させたSaaSツールの情報を使い次のことができるようになりました。
・受信メールから企業名、名前、メールアドレスを抽出して、データベースに自動で格納。
・商品リストにある商品の説明文を自動生成する。
・会議や議事録の要約、ようやくしたものをチャットツールへ自動送信。
これらが自動化されることで、業務効率の改善が図られます。

Gunosy

https://gunosy.com/

動画コンテンツの要約文を自動生成し記事化

株式会社Gunosy(本社:東京都渋谷区)は、情報キュレーションアプリ「グノシー」にて、動画コンテンツの要約文を自動生成し記事化する「動画AI要約記事」の開発を行い、2023年2月24日(金)よりβ版(テスト版)の提供を開始すると発表しました。この機能は、グノシーのアプリケーションをインストール後、タブ検索で「注目動画AI要約(β版)」を選択すると利用可能です。動画コンテンツを数行程度の文章に自動要約し、記事化します。要約文章から元の動画を見たい場合は、記事内のリンクから動画へ遷移できます。Gunosyはこの取組みを通じて、ユーザーが興味に合う最適な動画コンテンツと出会うための新たな機会を提供し、動画コンテンツの視聴数増加に寄与するとしています。

User Local AI Writer

https://ai-writer.userlocal.jp/

キーワードから自動でブログ記事を生成

User Local AI Writerは、ChatGPTを活用して、指定したキーワードから自動で記事を生成するサービスです。ユーザーはテーマを決め、関連する単語を入力するだけで、ChatGPTがそれに基づいた質の高い記事を生成します。これにより、ブログ運営者やマーケターは、コンテンツの生産を効率化し、より多くの時間を他の重要な業務に割くことができます。

SAKUBUN

https://sakubun.ai/

AIを使った効率的な文章作成サービス

SAKUBUNは、ChatGPTを活用した効率的な文章作成サービスを提供しています。ユーザーはブログ記事作成や広告文作成、SNSの投稿など目的や要件を入力し、ChatGPTがそれに応じたプロフェッショナルな文章を生成します。これにより、報告書やプレゼンテーション資料、ウェブコンテンツの作成が、より迅速かつ高品質に行えます。

TIMO Meeting

https://www.persol-pt.co.jp/timo/

議事録作成をAIがサポート

TIMO Meetingは、ChatGPTを活用して、会議の議事録の作成を自動化するサービスです。ChatGPTがリアルタイムで会話を解析し、重要なポイントを抽出して議事録を自動生成します。基本的な要約はもちろん、「Todoを書き出す」「文章を構成する」など、7つの用途ごとに使い分けることができます。これにより、会議の効率が大幅に向上し、後の作業もスムーズに進行します。

Tebot

https://anotete.co.jp/tebot/

ハイブリット型AIチャットボット

「Tebot」は、AIとシナリオ型の両方の機能を備えたハイブリッド型のチャットボットで、有人チャットにも切り替え可能なサービスです。シンプルな画面設計でシナリオ構築も簡単に行えます。Tebotは、事前に汎用的な言語データを学習しているため、企業独自のQ&AデータをExcelで登録するだけで、すぐに運用を開始できます。

チャットプラス

事前学習不要のチャットボット

チャットプラスは、ChatGPTとの連携で事前回答準備なしで回答の生成が可能になりました。これまでのAIチャットボットは、Q&Aのデータとトレーニングデータの準備が必要であり、コストと時間がかかっていましたが、ChatGPTの活用により、これらのコストと時間を大幅に削減できるとされています。この機能により、チャットプラス利用企業は訪問者の問い合わせ内容に対して適切な回答を提供し、顧客満足度の向上やサポートチームの効率化を実現できるようになりました。

リーガルフォース

https://legalforce-cloud.com/

法的な質問にAIが即時に回答

リーガルフォースは、ChatGPTを活用して、法的な質問に即時に回答を提供するサービスです。ユーザーは法的な疑問や問題を入力し、ChatGPTがそれに対する専門的な回答を生成します。また、契約書の条文を自動でChatGPTが提案してくれる機能(ベータ版)を2023年5月にリリース。これにより、企業の法務担当者や法律事務所の弁護士等の専門家による修正文案検討の大幅な効率化が期待されます。

まとめ

ChatGPTは、その高度な自然言語処理能力を活かして、様々なwebサービスで利用されています。本記事で紹介した10のサービスは、それぞれ異なる方法でChatGPTの力を活用し、ユーザーに価値を提供しています。ChatGPTの今後の展望は明るく、これからも多くの新しいアプリケーションが期待されます。

最後に

今回の記事で紹介したAIを使ったWebサービスの活用は、あなたのビジネスがオンライン施策で成功を収めるための第一歩です。しかし、それらの知識を適切に活用し、最大限の効果を引き出すためには、専門的な知識と経験が必要です。

株式会社スタジオ・プロワンは、介護・医療業界のWEBマーケティング、SNSマーケティング、DX化促進のお手伝いをさせていただく会社です。
もし、これを読んでくださったあなたが、介護や医療業界でビジネスを展開しているなら、私達がパートナーとなり、デジタル世界での成功を収めるための最善の策を提供させていただくことができます。

御社が抱える問題や達成したい目標・夢について、私たちと一緒に解決策や達成方法を見つけてみませんか?

お気軽にご相談・お問い合わせ、お待ちしております。

記事一覧へ戻る

contact